引越し見積もりWEBセンター ~ 引越しの準備から一括見積もりまで、引越しの情報が満載のサイトです

交渉されると値段を下げる引越し業者の心理や裏事情

説明する営業マン引越し業者の営業をしていた際、「料金交渉をしてくる人が少ない」と私は感じていましました。

その時は、高い金額で契約できるので良かったのですが(笑)

ただ、今は業界を引退して、皆さんを応援する側の立場ですので、

値切らないと損!

と、皆さんが思われる様な話をしたいと思います。

具体的には、引越し業者の裏事情や心理を解説します。

この話を読むと、値切れば値切るだけ値段が下がるんだ!と感じられると思います ^^

引越し専業と兼業の違いを知る

まずは根本的な話になりますが、業界をよく知る私としては、引越し業者を大きく以下の二つに分けて捉えています。
  1. 兼業タイプ(引越し・家具家電の運搬以外の作業もする業者)
  2. 専業タイプ(引越し・家具家電の運搬のみに特化している業者)

元々は、前者の兼業タイプが主流でした。

企業間の貨物などを運ぶ事業が主流で、ついでに引越し作業も請けるという感じです。

せっかくトラックを保有していて、作業員も居るのだから、運送業が暇な時は引越しにも手を出して稼ごうという考え方です。

ただ、一般的な運送業は、荷物を工場や倉庫の荷受け場所や、オフィスや自宅の玄関先で受け渡すだけですし、基本的には梱包されている状態の荷物を運ぶだけなので、極端に言えば、力が強いだけで出来る仕事と言えます。

一方、引越しは、一戸建てやマンションの部屋の中で、大事な家具や家電などの家財を、梱包から行って運ぶ訳ですから、一般的な運送業とはレベルの違う丁寧さが求められます。

引越しに不慣れな者に作業をさせると、家具や家屋の破損が多発します。

また、大事な家財を皆さんの大事な家屋内で運ぶ引越し作業は、肉体労働であると同時に、サービス業的な要素が求められるので、これまた不慣れな者に引越作業をさせることで、クレームが多発します。

その様なことから、現在では兼業タイプは淘汰されつつあります。

つまり、引越し業者として成功しようと思ったら、専業タイプであること、つまり、

引越し作業や、家具家電の運搬以外のことを、作業員にはやらせない!

と、経営者が考えている必要があります。

ですから、以下では

引越し業者 = 専業タイプ

としてお話していきます。

引越し業者の経営者の心理

それでは、引越しと家具家電の運搬のみを専門とする業者の、経営者の心理や考え方はどんな感じなのでしょうか。

引越しや家具・家電の運搬の需要は、1年を通してまんべんなく有る訳ではありません。

転勤や卒業・入学、新築マンションの入居開始が集中する春休み前後だけは、極端に忙しいですが、それ以外の時期はそこまで忙しいことはありません。

普段の時期は、平日や、特に平日の午後などは、見積もり依頼が少なくて、作業員にやらせることが無くて困っている引越し業者も多いです。

だったら休ませれば良いのでは? と思われるかもしれませんが、作業員を休ませてばかりいると、稼げない会社ということで彼らは辞めてしまいます。

引越しや家具の運搬に熟練した作業員を、どれだけ多く抱えているかが、良質の作業を提供できるかどうかに直結しますので、安易に休ませる訳にはいかないのです。

また、目先の売上の為に、引越しや家具運搬以外の仕事をさせてしまうと、既に説明した様に、兼業タイプのパターンに陥ります

ですから、経営者としては仕方なく、仕事が無い時でも作業員を出勤させて、研修を行なったり、広告チラシをポスティングさせたり、洗車させたりしている訳です。

つまり、会社に入ってくる売上は無いのにも関わらず、人件費だけは出ていくという、経営者としてはかなり辛い状況と言えます。

ですから、引越しでも、家具や家電の運搬でも、見積もり依頼があった場合は、

赤字でも良いから、契約をゲットしたい!

と、経営者は本音では思っています。

ただ、そこは商売ですから、本音を皆さんに正直には言いません

不安な様子そして営業マンには、
  1. 最初は高い金額を提示してみて、
  2. 皆さんの顔色を伺いながら、
  3. 徐々に値引きしてみせて、
  4. 皆さんが他社と話さないようにして、
  5. なるべく高い金額で契約を取れ!
と、指示しています。

経営者と従業員の違いを知ることが重要

引越し専門の業者として会社を作り、引越し専門として会社を継続したいと思う以上、経営者は、これまでにご説明したとおりの考え方や心理状況になることは間違いありません。

ですから、皆さんの立場側からすると、強気に料金交渉すればするほど、どんどん相場が下がることになります。

ただ、実際にはそれがなかなか難しいです。

というのは、皆さんが引越し業者と話しをされる際は、大抵の場合は経営者ではなく、雇われの従業員、つまり営業マンだからです。

将来、独立起業する素養のある者や、そこまででなくとも、経営者の気持ちを理解できたり、指示をよく聞く従業員であれば、粘って値切れば値引きすると思いますが、残念な営業マンに当たった場合は、

めんどうくさい、断ってしまおう・・・

という応対をすることも多いです。

そういう営業マンは、帰社してから社長や上司に怒られていると思いますが・・・ ^^;

複数の引越し業者に見積もり依頼することが重要!

これまでのことを踏まえた上で、
  • 安い引越し業者を見つけるにはどうしたら良いか
  • 引越し業者に値引きさせるにはどうしたら良いか
ですが、

私のお勧めの方法は、以下のとおりです。
  1. なるべく多くの引越し業者に見積もり依頼をする
  2. 各社に週末、平日、時間フリーなどの条件別に見積もりを出させる
  3. 2を面倒くさそうにするヤル気のない業者(営業マン)は軽くスルー
  4. 2社目以降には、そこまでの最安値よりも安くできるかをズバッと聞く
  5. 値引きしてくれても契約せず、次の業者と話す
  6. なるべく多くの業者と4~5を繰り返す
  7. 最安値だった業者にこちらから連絡して契約する

1の数を打つことによって、経営者により近い立場の営業マン、経営者の気持ちを理解している営業マン、値引きの権限を持つ営業マンに当たる確率を増やします。

2.の質問を投げかけることで、値段の安さにこだわっている感じが営業マンに伝わります。これに対する答え方で、営業マンの姿勢も分かります。基本的には、引越し業者の料金は忙しい(週末)と高い、暇(平日、時間フリー契約)だと安いです。

3.その結果、面倒くさそうな態度をする営業マンは軽くスルーして、次の業者を待ちましょう。営業マンがやる気のないダメな会社は、どうせ作業もダメですので。

4.が最重要! ズバッと聞いてみると、意外と値段を下げてくれる、もしくは他社に合わせてくれるという風に感じられると思います。つまり、引越し業者の料金の相場は、有って無いようなものなのです。

5.6.値段を下げてくれたからと言って、そこで契約してしまってはいけません。「検討する!」と伝えて、次の業者を待ちます。

7.全ての業者と話し終えたら、最安値の業者、もしくは一番気にいった業者に皆さんから連絡して契約しましょう。


ただ、複数の引越し業者に見積もり依頼をするのは大変ですね。

当サイトでご紹介している一括見積もりサービス【無料】であれば、複数の引越し業者に簡単に見積もり依頼が出来ます。

一括見積もりサービス【無料】を利用する(クリックすると移動できます)

「交渉されると値段を下げる引越し業者の心理や裏事情」の関連記事のご紹介

関連記事は有りませんでした。

都道府県ページのご紹介

【北海道】

【東北】

【北陸】

【関東】

【甲信】

【中部】

【関西】

【中国】

【四国】

【九州】

【沖縄】

引越し・家具移動・一時保管・自動車バイクの陸送など 一括見積もり依頼サービス【無料】

① 複数の引越し業者に一括見積依頼が出来るので、電話帳やネットで個別に調べる手間が省けます!
② 各参加業者はライバルにも依頼が送信されることを知っているので、価格競争の効果が絶大です!

  • 一般的な引越し専用の入力フォームになっていますが、引越しを伴わない作業(家具・家電や荷物の移動、ピアノ・金庫などの重量物運搬、ユニック・クレーン作業、荷物の一時保管、自動車・バイクの陸送など)のご依頼でも大丈夫です。引越しを伴わない場合は、引越しされる人数は大人1名などを適当に選んで先に進んでください。最後のページの「その他ご要望」欄に引越しを伴わない旨を記入してください。
  • 荷物の項目に無い物の運搬を依頼する場合は、具体的なご依頼内容を「その他ご要望」欄に記入してください。
  • 同一敷地内での家具移動などをご希望の場合は、「引越し先のご住所」は現住所と同じものを選択・記入してください
【無料】一括見積もりサービス スタート

powerd by ズバット引越し比較

エンゼル引越サービス 福山通運(法人引越) 引越のアクア 引越サービス シモツ引越サービス ファミリア引越サービス 佐川引越センター やさか引越センター ジョイン引越ドットコム 町の引越屋さん
尾崎引越センター 引越一番 コスコス引越センター レパード引越センター サンタ引越センター 中央引越センター ハロー引越センター ペンギンのお引越し マルトク引越サービス ドリームミニクラブ
日本引越サービス アーク引越センター キタザワ引越センター サカイ引越センター アクティング ハート引越センター ガード引越センター 三八五引越センター 福山通運(単身引越) グリーン引越センター

 

引越しQ&A 質問受付コーナー
引越し代の相場が簡単に分かる!
家具運搬の相場が調べられる!
お問い合わせ
運営者情報

コンテンツ更新履歴
2023/01/20(金) 14:13東京都内で大理石テーブル1点のみを運搬したい。2022/12/24(土) 13:18勉強机2022/12/22(木) 17:45ピアノ引越し移動2022/12/16(金) 16:06交渉されると値段を下げる引越し業者の心理や裏事情2022/12/14(水) 13:19工業ようみしん2022/12/14(水) 12:09家具・家電など1点から数点だけの運搬や吊り上げ作業をしてくれる業者を徹底比較!2022/12/04(日) 13:21電動介護ベッドの引越し2022/12/03(土) 18:45見積もり依頼の再発行2022/11/21(月) 17:49引越し業者を徹底解説2022/11/08(火) 10:13帰り便について

引越し代の参考情報
石川県から長野県への引越し代の参考情報静岡県から奈良県への引越し代の参考情報愛知県から高知県への引越し代の参考情報宮城県から和歌山県への引越し代の参考情報宮崎県から福井県への引越し代の参考情報埼玉県から滋賀県への引越し代の参考情報栃木県から秋田県への引越し代の参考情報群馬県から佐賀県への引越し代の参考情報東京都から千葉県への引越し代の参考情報北海道から愛媛県への引越し代の参考情報鳥取県から熊本県への引越し代の参考情報青森県から岩手県への引越し代の参考情報沖縄県から山口県への引越し代の参考情報岡山県から長崎県への引越し代の参考情報新潟県から京都府への引越し代の参考情報徳島県から福島県への引越し代の参考情報山形県から大分県への引越し代の参考情報広島県から神奈川県への引越し代の参考情報
引越し代の参考情報2
うるま市から山梨県への引越し代白井市から熊本県への引越し代雲仙市から栃木県への引越し代中津川市から大阪府への引越し代近江八幡市から鹿児島県への引越し代山陽小野田市から佐賀県への引越し代西海市から石川県への引越し代大田市から岐阜県への引越し代紀の川市から愛媛県への引越し代海津市から大和郡山市への引越し代狛江市から阿波市への引越し代敦賀市から吉川市への引越し代奄美市から越谷市への引越し代旭市から上天草市への引越し代佐渡市から知多市への引越し代島原市からいすみ市への引越し代薩摩川内市から坂井市への引越し代うきは市から千歳市への引越し代
家具運搬の相場
山梨県から福岡県へカラーボックス運搬の相場静岡県から香川県へスリムチェスト運搬の相場千葉県から宮城県へ戸棚運搬の相場栃木県から宮崎県へ三人掛けソファー運搬の相場兵庫県から福島県へ間仕切りシェルフ運搬の相場奈良県から茨城県へ隙間収納運搬の相場北海道から京都府へパネルデスク運搬の相場愛知県から徳島県へ受付カウンター運搬の相場岩手県から長野県へ仏壇運搬の相場鹿児島県から大阪府へコピー機(特大)運搬の相場大分県から滋賀県へガーデンベンチ運搬の相場岐阜県から新潟県へ袖机運搬の相場富山県から和歌山県へ仏壇チェスト運搬の相場熊本県から長崎県へロッキングチェア運搬の相場沖縄県から鳥取県へ電動リクライニングソファ運搬の相場
ホーム 引越しとは 引越し見積もりとは 引越し手続きとは 引越し業者選びとは 用語集 Q&A
引越し見積もり徹底解説引越し作業を徹底解説引越し業者を徹底解説

運営者情報 お問い合わせ お役立ちサイト集